サブバナ―背景画像

WORKS 買取実績

岡山市北区久米:備前焼,山本陶秀,宝瓶など多数を店頭査定,買取しました。

岡山市北区久米:備前焼,山本陶秀,宝瓶など多数を店頭査定,買取しました。の画像

昨年度、買取させて頂きました中で岡山の陶芸家、山本陶秀先生をご紹介させて頂きます。

◆人間国宝 山本陶秀(やまもと とうしゅう)

明治39年(1906年) 岡山県和気郡伊部町(現備前市伊部)に生まれる。

大正10年(1921年) 陶芸をはじめる。

昭和8年(1933年) 作家として独立。

昭和13年(1938年) 楠部彌弌に師事する。

昭和23年(1948年) 商工省の工芸技術保存資格者(丸技)となる。

昭和34年(1959年) 岡山県重要無形文化財保持者認定。ブリュッセル万国博覧会のグランプリ金賞受賞。

昭和45年(1970年) 日本工芸会理事。

昭和51年(1976年) 備前市功労賞受賞、紫綬褒章受章。

昭和54年(1979年) 伊勢神宮へ「流れ胡麻三方花入」献納

昭和55年(1980年) スペイン国王フアン・カルロス1世とソフィア王妃へ「花瓶」献上

昭和56年(1981年) 皇室へ「流れ胡麻丸花瓶」献上。

昭和57年(1982年) 勲四等瑞宝章受章。

昭和62年(1987年)4月20日 国の重要無形文化財「備前焼」保持者(人間国宝)に認定。

平成3年(1991年) 備前市名誉市民

平成6年(1994年) 歿。勲四等旭日小綬章追贈。


農家の次男として、和気郡伊部村(備前市)に生まれる。本名政雄。尋常高等小学校を卒業後、伊部の窯元で備前焼を修行。昭和8(1933)年独立し、楠部爾弌の指導を受けた。戦時中には南方向けの食器を制作した。第2回日本伝統工芸展に初入選。以後、同会を中心に活躍。 同34(1959)年ブリュッセル万国博でグランプリを受賞。「轆轤の名人」の異名を持ち、岡山県文化賞など数々の賞を受け、 同62(1987)年重要無形文化財保持者に認定された。