立秋(りっしゅう)は二十四節気の一つで、太陽黄径が135度の時を言います。(毎年8月7日ごろ)太陽黄径とは、地球を中心として空を見た時、太陽の見掛け上の通り道である黄道と、地球の赤道をそのまま空まで伸ばした天の赤道の交点を基準点として、そこから15度ずつ24分割に分けた特定の度のことを指します。立秋は、この太陽黄径が135度であるという意味です。ちなみに黄道と天の赤道が交る基準点は春分点で、春分の太陽黄径は0度となっています。立秋は秋が立つと書く通り、初めて秋の気配が感じられる時期と言われていますが、8月7日頃と言えばまだまだ夏本場、暑い盛りといった印象ですよね。また、この日から処暑までの期間も立秋という。『暦便覧』には「初めて秋の気立つがゆゑなれば也」とある。秋の気配が初めて感じられるころ。暦の上では秋といわれるが、実際には一年で最も暑い時季で「残暑」が厳しい。この日からは暑中見舞いではなく残暑見舞いを送る。また立秋まで梅雨が明けない場合は、「梅雨明け」の発表はされなくなる。

岡山・倉敷の古美術・骨董品買取は弊社、株式会社アルスネットへお気軽にご相談ください。誠心誠意、まごころ込めて買取させて頂きますので宜しくお願い致します。

株式会社アルスネット

岡山県倉敷市下庄316-10 1F

TEL 0120-932-507