1886年(明治19)、勅令第51号(本初子午線経度計算方及標準時ノ件)が公布され、1889年(明治21)1月1日から東経135度の時刻を日本の標準時とすることが定められました。1886年(明治19)ですから、地方毎の別々の時刻で十分間に合っていた時代です。標準時実施に先立っては官報に地方時と標準時の時差表を掲載しました。また新標準時は、西日本ではそれまでより早くなり、東日本では遅くなること、などを周知させていました。このようにして、明石の地方時の1889年(明治21)1月1日午前0時0分に観象台から全国の電信局に時報が通報されました。この時から明石で今まで使っていた地方時が日本全国の標準時になりました。

岡山・倉敷の古美術・骨董品買取は弊社、株式会社アルスネットへお気軽にご相談ください。誠心誠意、まごころ込めて買取させて頂きますので宜しくお願い致します。

株式会社アルスネット

岡山県倉敷市下庄316-10 1F

TEL 0120-932-507