7月8日の「しち(7)や(8)」=「質屋」の語呂合せから全国質屋組合連合会が制定。 質屋の起源は古く、日本では鎌倉時代からあったとされており、呉服や宝石などの品物を一定期間の間預かる代わりに金を貸すという制度でした。江戸時代では、しょみんの重要な金融機関でした。現代では一定期間の間、品物を預け金に変えるというより、ほとんどの場合「買取り」自体を目的にしています。
岡山・倉敷の古美術・骨董品買取は弊社、株式会社アルスネットへお気軽にご相談ください。誠心誠意、まごころ込めて買取させて頂きますので宜しくお願い致します。

株式会社アルスネット

岡山県倉敷市下庄316-10 1F

TEL 0120-932-507