世界保健機関(WHO)が発足40周年を記念して1989(平成元)年に制定しました。 1995年現在で世界の喫煙者は10億1000万人、約5人に1人の割合となっています。
職場や公共の場での受動禁煙対策や妊婦や子供対する教育などたばこ抑制策の推進について、決議や勧告を行っています。昭和の中頃と比べたら、たばこの害に関するリテラシーは格段にあがり、都会での禁煙・分煙は驚くほど徹底されています。路上禁煙の区域などもあり、禁煙の範囲は広くなりました。世の中はずいぶん変わりました。きっと、これからもどんどん変わっていくでしょう。対立や排斥ではなく、公衆衛生としての「禁煙」を、一人一人ができるところから進めましょう。


株式会社アルスネット

岡山県倉敷市下庄316-10 1F

TEL 0120-932-507