1946年のこの日、日本で初めてキスシーンが登場する映画である、佐々木康監督の『はたちの青春』が封切りされた日です。
キスシーンといっても主演の大坂史郎と幾野道子がほんのわずか唇をあわせただけだったが、人前でキスするのは、はばかられた時代。観客には衝撃的で映画館は連日満員だったといいます。
日本の民主化政策を推し進めていたGHQが「ラブシーンなのにキスを見せないのは不自然」と映画会社に指導を入れたことから、映画にキスシーンやラブシーンが積極的に取り入れられるようになったという。

岡山・倉敷の古美術・骨董品買取は弊社、株式会社アルスネットへお気軽にご相談ください。誠心誠意、まごころ込めて買取させて頂きますので宜しくお願い致します。

株式会社アルスネット

岡山県倉敷市下庄316-10 1F

TEL 0120-932-507