1902(明治35)年、フランスの気象学者テスラン・ド・ポールにより、成層圏が発見されました。
大気圏は高度10~15kmを境にして、下が対流圏、上が成層圏と分かれています。
空気が対流し雲が生じるのは対流圏で、成層圏は雲がなくいつも快晴です。
また、ジェット機が飛んでいるのは成層圏です。

岡山・倉敷の古美術・骨董品買取は弊社、株式会社アルスネットへお気軽にご相談ください。誠心誠意、まごころ込めて買取させて頂きますので宜しくお願い致します。  
 

株式会社アルスネット

岡山県倉敷市下庄316-10 1F
TEL 0120-932-507