1948年(昭和23)、配給制だったマッチの自由販売が認められました。日本のマッチは、フランスに留学していた清水誠が1875年(明治8)に東京で黄燐マッチを製造したことが始まりです。また、安全マッチ(マッチ箱の摩擦面に擦らないと発火しないマッチ)は、1879年(明治12)から製造し、翌年からは輸出するまでになっていました。最近はライターやチャッカマンなど便利な道具が出てきてしまい、マッチを使う機会は減ってしまいましたよね。

岡山・倉敷の古美術・骨董品買取は弊社、株式会社アルスネットへお気軽にご相談ください。誠心誠意、まごころ込めて買取させて頂きますので宜しくお願い致します。

 

株式会社アルスネット

岡山県倉敷市下庄316-10 1F

TEL 0120-932-507