1900年(明治33)のこの日、新橋駅と上野駅構内に初の公衆電話が設けられた。当時の名称は自動電話(公衆電話)。交換手を呼び出し、お金を入れて相手につないでもらうもので、1通話5分以内で料金は15銭と破格だった。当時最低限の生活ができる15銭では通話利用者が伸びなかったという。1925年(大正14)のダイヤル式電話の登場後、公衆電話と呼ばれるようになった。携帯電話が普及する前までは大活躍していた「公衆電話」ですが、今となってはあまり見かけなくなってしまいましたよね。

岡山・倉敷の古美術・骨董品買取は弊社、株式会社アルスネットへお気軽にご相談ください。誠心誠意、まごころ込めて買取させて頂きますので宜しくお願い致します。

 

株式会社アルスネット

岡山県倉敷市下庄316-10 1F

TEL 0120-932-507