「く(9)ろ(6)」(黒)の語呂合せで「黒の日」なのです。京都黒染工業協同組合が1988年(昭和63)に制定したもので、黒染めの紋服や留め袖などをぜひ買ってもらおうという趣旨で創設されたものです。1989年(平成元)から実施、伝統染色の黒染めをPRし、黒紋服や黒留袖の普及を図る日。黒染めというのは実は技術的に非常に難しいものを要求されるものなのだそうですが、喪服などでも洋装が普及していることから近年非常に売上が落ちているとのことで、このままではその高い技術を継承していけなくなるのではないかという危機感が背景にあるようです。毎年この日には東京や本場の京都などでキャンペーンが行われるようです。

岡山・倉敷の古美術・骨董品買取は弊社、株式会社アルスネットへお気軽にご相談ください。誠心誠意、まごころ込めて買取させて頂きますので宜しくお願い致します。

 

株式会社アルスネット

岡山県倉敷市下庄316-10 1F

TEL 0120-932-507