通商産業省(現在の経済産業省)の呼びかけにより、日本鉄鋼連盟・電気事業連合会・日本石炭協会等8団体が1992年(平成4)に制定。「ク(9)リーンコ(5)ール」の語呂合せ。エネルギー源としての石炭のイメージアップを図り、ほかの化石燃料に比べて二酸化炭素の発生量が多い石炭をクリーンなエネルギーとするための技術開発に取り組んでいることをPRする日。火力発電所の一般公開等が行われる。もともとは腐敗分解寸前の植物が地中に埋もれ、地熱や地圧を受けて変質した姿が石炭です。発見されて間もなく燃料として世界中で利用されるようになり、『黒い宝石』の愛称で親しまれてきました。イギリスで産業革命が起こってまもなくの20世紀初頭、中東で石油が発見された後は、コスト面やエネルギー出力に劣る石炭は次第に使われる機会が減っていきました。また、燃焼時に排出する硫黄も大気汚染に繋がると懸念され、ますます日陰の存在になっていきました。

岡山・倉敷の古美術・骨董品買取は弊社、株式会社アルスネットへお気軽にご相談ください。誠心誠意、まごころ込めて買取させて頂きますので宜しくお願い致します。


株式会社アルスネット

岡山県倉敷市下庄316-10 1F

TEL 0120-932-507