930年(延長8年)の今日、平安京の清涼殿に雷が落ちて、大納言の藤原清貫が死亡しました。その他にも数名の死者をだす出来事があった。これを目撃した醍醐天皇も体調を崩し、数ヵ月後になくなった。この落雷が、以前に政治的な策略で大宰府に左遷され、そこで人生の幕を閉じた菅原道真のたたりであると噂になり、彼の怨霊が恐れられるようになる。これを鎮めるために、現在も京都・北野にある北野天満宮が建立された。

岡山・倉敷の古美術・骨董品買取は弊社、株式会社アルスネットへお気軽にご相談ください。誠心誠意、まごころ込めて買取させて頂きますので宜しくお願い致します。

古美術・骨董 買取の蔵の美

岡山県倉敷市下庄316-10 1F

TEL 0120-932-507