芒種(ぼうしゅ)は二十四節気のひとつ。毎年6月6日ごろ。また、この日から夏至までの期間も芒種という。芒(のぎ=稲や麦などの穀物の種子にあるとげのような毛)を持つ植物の種をまく頃の意味。『暦便覧』には「芒(のぎ)ある穀類、稼種する時なり」とある。現在では種を蒔くのは芒種よりも早い。麦の収穫と田植えが始まる。西日本では梅雨入り(入梅)が間近となる。

岡山・倉敷の古美術・骨董品買取は弊社、株式会社アルスネットへお気軽にご相談ください。誠心誠意、まごころ込めて買取させて頂きますので宜しくお願い致します。

 

株式会社アルスネット

岡山県倉敷市下庄316-10 1F

TEL 0120-932-507