大寒(だいかん)は、節分を基準にして1年を24等分にし約15日ごとに分けた季節である「二十四節気」の区分の一つで1月20日頃(年によって変わる)からの15日間をさす。一つ前の節気である「小寒」から「大寒」の終わりまで計30日間を「寒の内」と呼び、この期間が一年で一番寒い時期といわれる。 武道において、「寒の内」に稽古をすることを寒稽古という。弱さを克服し精神的にも鍛錬するために行われるが、滝に打たれたり、海に入っていく修業者たちをこの時期にどこかで見ることができるかもしれない。 一方、「大寒仕込み」と書かれた日本酒や味噌をみることがあるかもしれないが、「大寒」の寒さで雑菌の繁殖力も弱まり、酒や味噌などを仕込むには良い時期のようで、品質の良いものができあがると言われる。

岡山・倉敷の古美術・骨董品買取は弊社、株式会社アルスネットへお気軽にご相談ください。誠心誠意、まごころ込めて買取させて頂きますので宜しくお願い致します。

 

株式会社アルスネット

岡山県倉敷市下庄316-10 1F

TEL 0120-932-507