お粥に春の七草のセリ、ナズナ、ゴギョウ(母子草)ハコベラ、ホトケノザ(田平子)、スズナ(かぶ)、スズシロ(大根)を入れて食べるのがこの日です。正月のごちそうで疲れた胃をいたわったり、縁が少ない冬の栄養源として、ビタミンを補給する意味があります。

七草がゆの効果・セリ→ 鉄分が多く含まれているので増血作用が期待できます。・ナズナ→ 熱を下げる、尿の出をよくするなどの作用があります。・ゴギョウ→ せきやたんを止め、尿の出をよくするなどの作用があります。 ・ハコベラ → タンパク質が比較的多く含まれ、ミネラルそのほかの栄養に富んでいます。・ホトケノザ→ 体質改善全般。・スズナ→ 消化不良の改善。・スズシロ→スズナと同じく、消化不良の改善。

岡山・倉敷の古美術・骨董品買取は弊社、株式会社アルスネットへお気軽にご相談ください。誠心誠意、まごころ込めて買取させて頂きますので宜しくお願い致します。

 

株式会社アルスネット

岡山県倉敷市下庄316-10 1F

TEL 0120-932-507