煤払いは、正月を迎えるにあたって、家の内外の煤(すす)や塵(ちり)を払い、清掃する行事。「煤掃き」とも言う。江戸時代から、江戸城をはじめとして12月13日を煤払いの日として定めていた。単なる年末の大掃除とは違い、歳神様を迎える準備のための信仰的な行事。またこの日は、歳神様を迎える行事でもある正月事始めの日にも当たり、昔からこの日に門松の原材料やお雑煮を炊くための薪を山へ拾いに行くのが慣例だった。江戸時代の中期まで使用されていた宣明暦では、旧暦の12月13日は必ず「鬼の日」になっており、鬼の日は結婚式以外なら吉といわれていたため、歳神様を迎えるために煤払いと正月事始めの日として認識されていた。

岡山・倉敷の古美術・骨董品買取は弊社、株式会社アルスネットへお気軽にご相談ください。誠心誠意、まごころ込めて買取させて頂きますので宜しくお願い致します。

 

株式会社アルスネット

岡山県倉敷市下庄316-10 1F

TEL 0120-932-507