1853年(嘉永6)のペリー来航以来、欧米人の来航が頻繁になり、それまでは一部の蘭学生やオランダ人とともに生活している人々の中で模倣されていた服装が武士、町人などにも取り入れられるようになった。江戸幕府の頃から、洋装が敬遠される風潮が続いていたが、西欧列強国と伍していくのには国際的な服装が必要との判断もあり、一気に西洋服が取り入れられるようになった。1867年(慶応3)に大政奉還が行われた後、1872年(明治5)の11月12日には、「礼服ニハ洋服ヲ採用ス」という太政官布告が発布された。軍人や警官に続き文官の礼服にも洋装が採用され、それまでの公家風・武家風の和服礼装(裃や束帯)が廃止され、政府役人に大礼服、通常礼服の着用が義務づけられた。この日を記念して、1929年(昭和 4)に東京都洋服商工協同組合が、1972年(昭和47)に全日本洋服協同組合連合会が、「洋服記念日」を制定した。

岡山・倉敷の古美術・骨董品買取は弊社、株式会社アルスネットへお気軽にご相談ください。誠心誠意、まごころ込めて買取させて頂きますので宜しくお願い致します。

 

株式会社アルスネット

岡山県倉敷市下庄316-10 1F

TEL 0120-932-507