ハロウィンとは、キリスト教の聖人の祝日「万聖節」の前夜祭の事です。2000年以上も昔、ケルト民族の宗教の一つにドゥルイド教というものがありました。その儀式の一つのサウィン祭が起源といわれています。サウィン祭とは秋の収穫を祝い、悪霊を追い払う祭りでした。古代ケルトでは一年の終わりが10月31日とされていて、この日は日本のお盆のように死者の霊が家族に会いに来るといわれていたのです。ただ日本のお盆と違い、精霊や悪霊も一緒に来てしまうと信じられていたのです。その悪霊は家畜や作物に悪い影響を与えたり、子供をさらったりするといわれていました。そこで悪霊たちを驚かせて追い払うために、仮面をかぶったり、魔除けの焚き火をしたりしたと言われています。そこから今の仮装をする習慣が生まれたというわけです。ケルト民族は時代を経た後、キリスト教のカトリック系の民族に侵略されてしまいます。侵略したカトリック教は、異教徒の習慣を根絶せず、自分たちの宗教に取り入れていきます。カトリック教は11月1日を聖者の日と定めていたため、前夜である10月31日を聖者の英語HallowからHalloweenと言われるようになったのです。それがキリスト教の文化圏にだんだんと広がっていき、時代を経て今のハロウィンになったのです。

岡山・倉敷の古美術・骨董品買取は弊社、株式会社アルスネットへお気軽にご相談ください。誠心誠意、まごころ込めて買取させて頂きますので宜しくお願い致します。

 

株式会社アルスネット

岡山県倉敷市下庄316-10 1F

TEL 0120-932-507